ネコと犬、山と海、とやま

山と海に挟まれた魚津市に移り住み、さてどんな暮らしが待っているのかな~

寒い日が続きます

1月30(月)

  明日が1月最後の日となりました。
  このまま2月もあっという間に過ぎて行きそうです。
  夕方、京都の姉夫婦から電話・・・。
  「雪すごいかー?」と。
  どんなに大変かと心配をしてくれた様子、「どうもありがとう!!」
  京都も寒いらしい・・あちこち大変です。
  地球は徐々に氷河期を迎えるんじゃないかしら?
  何かテレビでそんな事を耳にしたぞ!

   ベルリンの息子とAnneさんのブログもうっすら雪景色であった。
   友人数人と愛犬ウイルソンと少し遠出をして歩いたようだ。
   ベルリンも寒いみたい・・。
   ~breathing in the crystal cold winter air.

   
  
  旭川は雪より寒さが今年は強い、
  それでも鶏もポニーも元気に頑張っている。
  この季節もまた楽しみたいものだ。
  誰か一緒に笹刈りしません??




 
     _746セシル弾む

        _745セシル弾む

         
           _744セシル弾む

             ポニーの夕食は笹
             冬前はたらふく食べてお腹も大きく膨らんでいた。
             今はお腹もだいぶスリムになってきました。
             春が来るまでは笹で我慢だよー。


       _743セシル弾む

              ポニーの小屋に行く一本道・・
              こわいよー!
              時々足をつるんと踏み外す・・・ひゃー


スポンサーサイト
  1. 2012/01/30(月) 23:32:53|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疲れるのよねー・・・

1月26日(木)

  お昼前、笹を刈りに行った夫・・・、
  お昼を10分も回った頃に帰って来た。
  長靴が埋まったらしく(体も埋まったのでしょう・・・当然)
  靴下のままドタドタと帰って来た。
  「いやぁー、埋まってしまってやっと何とか・・・~」とジェスチャーを交え
  雪から抜けてきたことを話す。
  長靴は雪下の水路の泥にはまってもうドロドロだとか・・・、「孔もあいていたしもういい」と。
  こんなに凍えた冬でも雪の下の泥は柔らかいのですねー。
  身を案ずるより、変な事に感心している。

  
  「まだ裁判中やて!」
  夕方、セーター編みに夢中になっている私に夫君が言う。
  「何がー?」と聞く。
  「白い恋人と面白い恋人・・」
  あー、朝そう言えば「どうなったんやろ?」とわたしが話題にしたっけ・・・。
  それにしてもいつも夫君は先に結論を言う。
  しかも唐突に・・・。
  「何がー?」と決まって聞く羽目に・・・。
  気分によっては腹駄々しいのだ。
  「またやー・・」と思いつつ「しょうがないなー・・・」である。


 


   今日の旭川、ちょっと冷え込みましたが日差しが明るくありがたい。 
   猫の黒ちゃんも外でしばらくお日様を浴びました。
         

          _741セシル弾む

      _742セシル弾む

   



      ポニーのツーちゃんポーちゃんも日の差す場所でウトウトする事も・・・。

         _740セシル弾む

  

 
  1. 2012/01/26(木) 19:21:34|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイナス30度

1月21日(土)

  いい天気が続いていますが、昨日は旭川は、-30度を記録。
  今年一番の寒さ。
  今日も寒かった。
  その寒さのさなか家とは別棟の「森の湯」にお風呂を沸かした。
  普段はほとんど使わないので気をつけないと水道管が・・・・。
  これまでも、木の桶のお風呂が乾燥でたががゆるんだり、水道栓が吹っ飛んだり・・・、
  何度と無く失敗・・・、今年こそは、何事も無く済んでほしいと願う。

  乾燥しないように水を張って時々追い炊きをしていたのだが、それでもこの寒さ、
  うっかりしてる間に氷が張ってしまった。
  ゆっくり二日掛けて全体を暖め、昨日は無事久しぶりに森の湯に浸かることができた。
  今日も残り湯を温め明るい内からお風呂に浸かる・・・。
  -30度を記録する中、よくやったねー・・・、と夫君と感心する。
  春が来て心配の無い季節まで無事過ごせますように・・・。
  

  
       _738セシル弾む


             すのこは上げたまま、とにかく湯船に浸かる・・・。
             前方の窓からは十勝岳、左の窓から旭岳がきれいに見えた。
             たっぷりお湯を入れて、景色を眺めた。
             西から丁度夕日がさした頃で窓から見える空は薄ピンク色になった。



         
  1. 2012/01/21(土) 19:40:35|
  2. 山の恵み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うれしい暖かさ

1月19日(木)

 春がちょっとご機嫌伺いにやって来たかな?と思わせるような暖かさ。
 今年は寒い日が多いのでほっと一息いたします。
 岩見沢市が例年の2倍の積雪という。
 まぁ今年は本来の北海道らしいと言っていいのかそんなお天気が続きます。
 実家の母が(富山県)心配で電話を掛けてきました。
 母の所は道路は融雪道路で、雪も無く、
 88歳の母は「自転車に乗って買い物して来たよ」である。
 「うらやましいねー」と言うと
 「うらやましいでしょ!」と母。
 元気で何よりである。


 

    <裏のお山で笹刈り>

  今日のような日は笹を刈るのも気持ちがいい。
  セシルも一緒に雪に埋まりながら進む。
  足跡から匂いがするのか、「ワンワン・・・!!!」
  山のほう空のほうに向かいながら吠える。
  カラスがのんきな声で「カ~カ~」
  吠えても仕方が無いと思うのだけれども・・・カラスに吠える。
  小屋では首を長くして餌を待つポニーたち・・。


      

      _737セシル弾む

      _731セシル弾む

      _730セシル弾む

           _732セシル弾む

      _734セシル弾む

      _733セシル弾む

   
  1. 2012/01/19(木) 22:00:53|
  2. 山の恵み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポニーの冬の餌

_200セシル弾む

ポニー親子の冬の主食は、雪の下に埋もれたクマザサに落ち着いてきた。
去年は雪が少なく、シカたちは、雪の上に顔を出している笹が食べられたので
木を食べる量が少なかったそうだ。
ポニーの餌も今年の冬からはクマザサにしよう。
ここでは、クマザサがたっぷりとある。
雪が多いと、クマザサを掘り出す手間はかかるが、
毎日続けていると、氷点下20度にもなる日があるのに
案外、体調に悪くない気がする。
ただ、指先が冷えてきたなと感じたら早々に引き上げている。
そうでないと、毎日続かなくなる。
ポニーは、クマザサしかないからそれを食べている。
好物の草は、雪どけまで待ってもらうしか仕方が無い。
今を受け入れながら冬を過ごすポニーの親子、
あなたたちから命の営みというものを感じています。



テーマ:農業 - ジャンル:ライフ

  1. 2012/01/16(月) 21:17:38|
  2. 山の恵み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笹刈り

 1月14日(土)

  お風呂上り外に目をやると、きれいな星明り、明日は又冷え込むのかなー。
  
   今日は午前中久しぶりに父さんと笹を刈りに出かける。
  父さんは毎日1回から2回ポニーのために笹を刈りに行く。
  日によっては手がしびれるほど冷たい。
  それでも毎日の日課として体の運動も兼ね、笹刈りは楽しいようである。
  「こんな楽しいこと、ここに来たときから子供たちと毎日すればよかった・・・」と
  いかにも口惜しそうである。

  おおいかぶさった雪を掻き分け笹を刈る、籠にたまったらかかえ雪道を帰る。
  なぜか充足感があるから不思議・・・、白い雪景色のせいかなー?





     「おーい、チロちゃーん・・・」


        _728セシル弾む
            _727セシル弾む


                  「そんなに突っ伏して大丈夫ですかー?」




      _729セシル弾む

           大きな薪がストーブの中に入りました。
           「だいじょうぶ・・・?」
           「2時間は持つでしょう・・・」
           「そう、ありがたい!・・・ストーブ頑張れ」

  1. 2012/01/14(土) 22:49:01|
  2. 山の恵み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寝る前の楽しみ

1月10日(火)

 成人式、去年は娘が成人式を迎えるとあって、朝早くから忙しかった。
 一年前がちょっと懐かしく思い出されます。

 一つ年を重ね、娘は大人になったかと思いや、「おばさんになったわー・・・」なんてぽつり・・・・。
 まだまだこれからではないか、しぼむには早すぎる!!!
 若い人にはもっともっと夢を持たせてあげたいものだ。


 2階の奥の部屋、元々私たち夫婦の寝室だったところ、
 それを子供たちの部屋に、子供たちがいなくなった後をお客さんの部屋に、
 そして一月前から再び自分たちの部屋に。
 ダブルのベッドにでーんと一人寝転がる、猫たち3匹に半分取られる。
 やっぱりゆったりとして快適、ちょっと贅沢かしら?と反省してみたり・・・。
 我が家で一番暖かな部屋が隣の部屋。
 薪ストーブの煙突が通っている部屋。
 今ではあまり入らない部屋だったのが、寝室が隣になって夫君は毎晩寝る前はそこに入るようになった。



       _726セシル弾む


      そうなんです、煙突に寄りかかり読書するのが今は寝る前の楽しみ。
      猫たちもここに来て寄りかかっているのを良く見るんですよね・・・・。
      よくわかっていらっしゃる!!


  1. 2012/01/10(火) 21:45:08|
  2. 山の恵み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腰が痛い!

1月5日(木)

 朝、体を起こそうとして「あっ腰いた・・・」
 思い当たる事も無いが・・・、前日久しぶりにロックミシンを使おうと、
 糸を替えるのにちょっと無理な体勢で作業をした。
 それかなー?
 しょうも無いと思いつつ、ついついテレビを見て睡眠不足か・・・。
 とにかく気をつけよう、ちょっと向きを変えるのにも「いてて~」である。

 
 4日付けの朝日新聞のインタビューコーナーの記事を読んだ。
 イタリアの政治哲学者アントニオ・ネグりさんへのインタビュー記事である。
 とても興味深かった。
 人々が自分で考え行動していくその「個」が固まりとなって新しい民主主義を作っていく、
 世界的には去年もいくつかそんな動きが見られた気がしますが、
 日本でもあちらこちらでそんな機運があると思う。
 おかしな事には「NO-」と言っていかなければいけないね。





<マーマレード作り>
   お隣のお山に暮らすYさん、Tさんに暮れにダイダイをたくさんいただいた。
   ミカンにゆずもいただいた(うれし!!)

   
   そこで、ダイダイでマーマレード作りに挑戦。
   皮は先にとってきざんでお鍋でぐつぐつと煮て、苦いので湯でこぼし。
   種と白いところはペクチンが含まれていてとろみをつけるのに大事。
   袋に入れてお鍋で先に煮出しておいた。
   そこへ果実、煮ておいた皮を入れて後は煮詰める。  
   なかなか大仕事・・・マーマレードって手間がかかってんだねー、知らなかった!!

 

       _717セシル弾む
       _716セシル弾む
       _715セシル弾む
       _720セシル弾む

            何とか2ビン作れました。
            ちょっと苦くなったけれど・・・おいしいぞ!!
            ありがうございます。
    



     _718セシル弾む

           雪掻きがんばりました・・・ちょっと腰が痛くなりましたワイ。

           

            _719セシル弾む

                   何処の人かと思いましたら息子さん・・・
                   「やっぱり旭川寒いねー」
                   これからセシルと一緒に郵便局まで歩いてきまーす。







  1. 2012/01/05(木) 12:42:30|
  2. 山の恵み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

18年暮らした旭川から魚津市に暮らしを移す。気ままに手作りの暮らしを求めて・・。

komichinoriko

Author:komichinoriko

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (64)
猫 (16)
動物 (18)
空 (2)
畑 (10)
夏 (5)
家族 (59)
体験 (9)
山の恵み (167)
自然 (164)
料理 (22)
ガーデン (2)
? (0)
秋 (10)
冬 (14)
手づくり (18)
春始め (6)
犬 (2)
健康 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード